弁護士は弁理士、税理士にもなれる!?

世の中には「士」のつく職業が色々ありますが、弁護士の資格を持つ人は、実は弁理士や税理士の職務を行うことができます。というのも、登記申請代理というのは一般的な法律事務であり、弁護士の職務に含まれるものであると考えられているからです。他に弁護士が資格登録できるものとしては、

が挙げられます。

弁護士は「弁護士自治」の考えのもと、監督する行政庁が存在しない国家資格ですが、こういった隣接する法律関係の資格は監督する行政庁があるため、この部分の業務を行う場合にはそれらの行政庁からの監督が及ぶことになります。

「職務」はできても、「資格登録」はできない?

弁護士の資格があれば、登記に関する業務など、司法書士が行う分野の業務については行えます。しかし司法書士としての資格を登録することは認められていません。これは別途資格試験に合格する必要があります。他にも認められない資格としては、

などが挙げられます。